作業効率アップ!知っておいて損はない便利なChrome活用術まとめ

WEB  
2013.04.23
Viewts-世界絶景-

Web業界で働いてる人にはわりとお馴染みかもしれませんが、今回は自分がChromeを使っていて便利だなーと感じる機能や、ブラウジングの際に普段やってる小技をまとめました。

以下、こんな人にオススメの記事

・Chromeの良さがいまいちわかってない人
・Chrome使い始めた人・使ってる人
・インターネットサーフィンが好きな人
・Chrome兼Macユーザー



インストール済みの方が読むかと思いますが一応

男なら、黙ってインストール。

Chrome ブラウザ

女子もね。


よく使うショートカットキー

ショートカットキーを制するものはネットサーフィンを制す!仕事も制す!といっても大げさじゃないくらいかなり時間短縮できますよね。ここでは、コピペなどの超基本的なものは省いて、その他わりとよく使うショートカットキーをまとめてみました。Windowsをお使いの方は「Command」を「Control」に置き換えて試してみて下さい。

Command+R(またはF5) ページ更新する(リロード)
Command+Q Chromeを終了する
Command+W タブを閉じる
Control+Shift+Tab 左タブに移動する
Control+Tab 右タブに移動する
Command+L アドレスバーにフォーカス移動
Command+T 新規タブを作成
Command+Click 新規タブで開く
Command+Shift+T 直前に閉じたタブを復活させる
Command+Shift+delete キャッシュクリア画面を開く
Command+Shift+N シークレットモードで開く

その他、もっと知りたい人は以下の和洋風KAIさんの記事が参考になります。



Command+Qで意図せず終了してしまうミスを防ぐ


Command+Wでタブを閉じる人の場合は、ついミスってCommand+Qを押して閉じてしまった経験があるのではないでしょうか?それを防ぐのにとっておきの設定があります。Chromeメニューバーの、「Chrome」から「終了する前に警告メッセージを表示する(Warn Before Quitting)」にチェックをいれておきましょう。そうすると、「Command+Qキーを押すと終了します。」の文字が出て、2度押さないと終了しなくなります。ショートカットキーで終了する人は必須?!


Chromeの高速化

なんだかんだいって、Chromeも結構重くなりますので、高速化対策は必要です。とりあえず下記、やっといて損はないかと思われます。

・ネットワークの自動検出の設定を無効化
・Chrome標準の「先読み」機能を有効
・試験運用中の機能でChromeを超高速チューン
・後述するTabMemFreeという拡張機能を有効化


上にリストアップした高速化の設定方法は、下記リンクの教えて君.netで丁寧に解説されています。


あと、これはMacユーザー向けになりますが、Chrome使っていると重くなるのでMemory Cleanなどのアプリで定期的にPCにたまったキャッシュを削除するといいかもです。


アドレスバーから各サイト内を一発検索

Chromeの売りでもありますが、アドレスバーでGoogle検索できるのは知ってますよね?それを応用したワザなんですが、アドレスバーから直接YoutubeやAmazon、Facebookなど検索して表示することができます。以下では、Youtubeを例にして検索しています。

Youtubeの「Yo」くらいまで入力するとリストで出てくるので矢印キーでカーソルを合わせてTabキーを押します。

すると、「Search YouTube Video Search」の表示に変わりました(日本語版はなんだろう?)。これでそのまま検索ワードを入力してエンターキーを押せば各サイトの検索結果が表示された画面に移動します。

サイトにアクセスする手間が省けるだけなのですが、その1クッション省けるだけでもかなりめんどくさがり屋の僕にはかなりの価値ありです。お試しあれ。


シークレットモードを利用する

Chromeにはシークレットモードという機能があります。シークレットモードでのサイト閲覧は、ブラウザに履歴を残さないのでエッチなサイトをみるときなどに重宝します。あと僕の場合、Wordpressでサイト構築や修正を加えるときにキャッシュが残って修正箇所がうまく反映されないときがあるので、シークレットモードで表示確認するようにしています。表示方法は簡単。

・メニューアイコン > シークレットウィンドウを開く

で開けます。ショートカットは「Command+Shift+N」です。


ブラウザ右上の渋い次元のアイコンがシークレットモードで開いている証。

ついでに、

・メニューアイコン > 設定 > 拡張機能

を開き、各拡張機能の「シークレットモードでの実行を許可する」にチェックを入れるとノーマルモードで使っている拡張機能がシークレットモードでも使用可能になりますよ。便利ですね。ワクワクが止まりませんね。


ユーザーを切り替えを利用して軽量化

これも、小技ですかね?拡張機能を入れすぎると最速ブラウザをうたっているChromeでもさすがに重くなりますよね。なので僕は、Chromeにある「ユーザー機能」を利用して拡張機能をユーザーごとに分けています。たとえば使用頻度の低いWebデザイン系、スピードテストやSEOチェック関連の拡張機能は「YuDev」という名前でユーザーを作成してそちらにだけ入れてあります。

・メニューアイコン > 設定 > ユーザーセクション > 新しいユーザーを追加

から新規ユーザーを追加したりアイコンを変えたりすることができます。

右上のアイコンをクリックでユーザー切り替え可能。「新しいユーザー(New user)」も新規ユーザー作成できます。

使用頻度の少ないものや開発用などは普段ネットサーフィンするアカウントとは別のユーザーを作成して拡張機能を分け、普段ブラウジングで使うユーザーの負担を極力軽減してあげるとといいかと思います。




よく使う動作をBetterTouchToolで割り当てて効率化


この部分はMacユーザー向けです。BetterTouchToolはトラックパッド拡張してくれるMacアプリです。以前、クリーンインストール後に入れなおしたお世話になりっぱしのオススメMacアプリ24選+αの記事でも紹介したんですが、本当に便利なのでMacユーザーはぜひ試してみて下さい。

基本自分が割り当てている動作はすべてショートカットキーで出来ますが、なにぶん自分は怠惰な人間ですので寝そべりながらネット観ている時が多く、片手しか使いたくない時があります。そんなときトラックパッドで出来るだけ時間短縮できるよう「ウィンドウを閉じる」、「右タブに移動」、「左タブに移動」、「新規タブでリンクを開く」を割り当ててありますので以下を参考にどうぞ。

新規タブでリンクを開く(Command+Click) Three Finger Tap
左タブに移動する(Command+Shift+Tab) Tow Finger TipTap Left
右タブに移動する(Command+Tab) Tow Finger TipTap Right
ウィンドウを閉じる(Command+W) Four Finger Tap

僕はFinderなどでも使えるようにGlobalで割り当ててます。僕みたいなLazyな人必須。BetterTouchToolは本当に便利なのですが、割り当て過ぎたり似た動作を何個も割り当てると意図しないのに動きをしてしまったりするので気をつけてくださいね。

DLはこちらから → BetterTouchTool



拡張機能をインストール

その名の通り、シンプルなChromeブラウザに拡張機能(エクステンション)というものをインストールし、必要な機能のみをブラウザに追加できます。痒いところに手が届く優れものがたくさんありますので、自分仕様にカスタマイズできるわけですね。

僕の使っている拡張機能は先日、WEBデザインやブログ書くときに重宝するオススメのChrome拡張機能20ちょい-2013年版-という記事でまとめましたので良いのがあったら時間あるときにインストールして試してみて下さいな。


その他、もっとマニアックなワザ

今回書いたのは詳しい人なら知ってるワザですが、もっとマニアックなのが知りたいんだという方は以下の記事が参考になるかも。



最後に

最後になりましたが、キャプチャ英語でごめんなさい…。何か新しい発見はありましたか?知らなかった人は、これで楽しいエロサイトサーフィンライフを満喫できますね。2日連続でChromeのこと書いたので結構お腹いっぱい。また何かこれ便利だぜっていうのあったらぜひ教えて下さい^^

ではでは。

P.S.僕は「ユーザ」と伸ばさない派なんですが、Chrome解説表記は「ユーザー」なんですね…

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。