[旅行]京都観光地巡り!スティーブ・ジョブズも愛した世界遺産のお寺「西芳寺(苔寺)」に行ってきた

Viewts-世界絶景-

2012年10月〜2013年11月まで語学留学しながらあちらこちらをぶらついてました、一時帰国の際やストップオーバーを利用して訪れた観光地レポを1年越しに書き起こしてみます。今回はフィリピン生活を終えたあとに訪れた京都、西芳寺(苔寺)編。

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズが禅愛好家だとはよく耳にしますが、西芳寺(苔寺)はそのジョブズが愛した庭のひとつで家族とともに来ていたそうです。今日はそんな苔寺の愛称で知られる西芳寺について紹介します。


西芳寺(苔寺)とは

今回もまずはWikipediaから引用。

西芳寺(さいほうじ)は、京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院。一般には苔寺(こけでら)の通称で知られ「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。夢窓疎石の作庭で、上段の枯山水と、下段の池泉回遊式庭園の2つから成っていた。境内北方には上段の枯山水庭園の石組みが残り、この部分には夢窓疎石当時の面影が残っていると思われる。 今日、西芳寺庭園としてよく知られるのは苔の庭で、木立の中にある黄金池と呼ぶ池を中心とした回遊式庭園である。


私、実は夢窓疎石のお庭が大好きでありまして、天龍寺等持院南禅院と見てきているのです。そんな僕も今回で夢窓疎石庭4つ目!ということでワクワクなのであります。

こちらのお寺、往復はがきによる事前申し込み制となってます。ちなみに僕が無理を言って友達に予約申込みしてもらったんですが、往復はがきがなかなか手に入らないと嘆いていました。往復はがき事前申込み、写経がある、参拝冥加料が3,000円と、なんとなく敷居が高いイメージですが、それでも一見の価値ありです!ってことでいつも通り写真貼ってきます。



いざ苔寺へ

帰ってくるはがきには拝観日時が記載されています。「写経用の細筆を御持参下さい」とのこと。こちらのお寺は庭園めぐりの前に正座して般若心経を写経するのです!ジョブズもしたのかな?ちなみに墨とすずりは用意してあります。

良い経験でした。

足しびれました。

写経の写真撮ればよかったけどなんとなくダメそうな雰囲気が出ていたので撮りませんでしたというかすみません忘れてました。

写経後、園内に進みます

砂苔ですかね、美しいです

進んでいくと

西芳寺(苔寺)、現る

さっそく下段の池泉回遊式の庭園が広がります

お水ちょろちょろ

苔、木々!

キレイですわ。

茶室のような休憩所もあります

序盤は暗かったのですが数分歩き進むと黄緑色が増えてキレイです

色が映える

庭師の方、かっこいい。11月中旬でしたので若干紅葉づいています。

庭師の方と池

庭園リフレクション

これはハイ苔かな

優雅な鯉と小橋

リフレクションその2

苔寺という別名があるだけあって苔感がたまらないですね

休憩所のふすまから見える光景

めっちゃ苔

緑々しく清涼感があります

びっしり苔、ダイブしたい ※良い子はマネしないでね

ちゃんと順路になっています

これが上段の枯山水庭園らしい、龍安寺のような枯山水の石庭を想像していたらわりと地味だった

石段を進んでいくと

終わりが見えます

出口付近

世界遺産「古都京都の文化財」ということで説明書きがあります

こちらも豆情報

ってことで西芳寺(苔寺)でした!


西芳寺(苔寺)はココ!



名前:西芳寺(さいほうじ)。別名は苔寺(こけでら)。
場所:〒615-8286 京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56
電話:075-391-3631
参拝冥加料:3,000円
URL:京都府ホームページの西芳寺(苔寺)はこちら

※往復はがきで1週間前までに届くよう申し込みが必要です。約2ヶ月前に申し込むと良いとどなたからか聞きました。詳しくは西芳寺のWebサイトで。また、写経などの宗教行事に参加する事が条件となっていますので訪れる際は細筆を持参しましょう。


おまけ1:苔寺の近くのお茶屋さんとそば屋さん

一息入れるために、苔寺付近のお茶屋さんに入りました、こちらも素晴らしい庭園

松!松の盆栽は育てるのが大変なんですよ…

え?

…え?

風情あります

ってことでお抹茶と和菓子頂きました!

軽く食べたら更に腹が減ったので

月見そばも食べました!

御座 x 赤い布 x うどん

画になりますわ

こちらのおそば、苔乃茶屋さんで食べられます!

苔乃茶屋さんはココ!





おまけ2:鈴虫寺

近くにいたのでついでといってはなんですが鈴虫寺にも行ってきました。

三十路間近のおっさんが特に何を買うわけでもなく

とりあえずお賽銭しておきました。

恋愛成就・願い事、お守りで有名な鈴虫寺なだけあって女子が多い印象でしたねー


ってことで

みなさんいかがでしたでしょうか。

ジョブズはこの寺で何を感じ何を思ったのか。

僕はひたすら腹が減ってました。

苔好きのみならず、庭園好きの方、侘び寂びを感じたい方、お寺が好きな方は是非苔寺へ足を運び風光明媚なその様をとくとご覧あれ。

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。