台湾観光その2、台北101(タワー)でかい!鼎泰豐うまい!臭豆腐くさい!

Viewts-世界絶景-

2012年の6月4日〜7月11日までフィリピンでの英語勉強の合間を縫って、約1ヶ月ちょっとですがアジアバックパックの旅をしてきました。フィリピン(セブ)、タイ、カンボジア、ベトナム、香港、マカオ、台湾、そしてまたフィリピン(セブ)のルートです。今回は、台湾のレポートその2です。

台湾でのスケジュール

1日目: 台湾桃園国際空港到着、就寝
2日目: 内湾、數碼天空、都城煌廟
3日目: 風の街「新竹」、ダーツバー
4日目: 台北、中正紀念堂自由広場、龍山寺、台北101
5日目: バーで飲み、特になし
6日目: ねこ村「侯硐」、千と千尋「九份」
7日目: 台湾→フィリピンへ(バックパッカー旅終了)

今回は3日目、4日目、5日目の記事です。
1台湾ドル≒約3.3円です。(2013年7月4日現在)


台湾観光その1に引き続き、その2。前回は新竹中心でしたが、今回は台北観光中心の記事です。

まぁ観光地を巡ると言うよりは、僕の250ある趣味のうちの1つ「食うこと」にフォーカスしたかたちになりました。


3日目:風の街「新竹」をプラプラする

風の街「新竹」めぐりは続きます

HDR撮影

南寮魚港。確かに風力発電のためのプロペラ型風車がちらほら。

なんていう食べ物ですかこれ?甘味とスパイスの相性がいい、新しい味だった

っしゃー食うぞ―ってことで日本人観光客にとって有名な本場台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)に連れて行ってもらいました!韓国、日本、シンガポールなどのアジア諸国だけでなくアメリカ、オーストラリアなどに店舗を構える上海料理のレストラン。NYタイムズで世界の10大レストランに選ばれ太鼓判を押されているほどの人気店です。

この店を訪れる日本人観光客も多いためか、食べ方の解説日本語(英語)バージョンが用意されています

辛そうなヌードル

げきうま小籠包

水餃子みたいなやつ

うますぎておかわりしてしまった酸辣湯(サンラータン)

カラフルなライス状のなにか

いやー、うまいです。正直な話、うますぎてその辺の屋台フードでは物足りなさを感じるレベルでした。値段が違うので当たり前な話ですが。とはいえ価格も日本で食べるのに比べて安いようです。台湾に来たらぜひとも訪れたいお店です。

そして、今宵、友達のママに連れられて台湾式マッサージを体験することに。痛すぎて終始雄叫びをあげていました。


4日目:台北観光

新竹から出て、ついに台北!地下鉄に乗るための券を購入。この日は、友達が仕事だったので友達の妹に案内してもらいました。彼女も日本での留学経験があり、日本にいたときにちょいちょい遊んでました。久しぶりの再会であります。

中正紀念堂自由広場にきました

wikiで中正紀念堂にいろいろ書かれてます

!?

まさかの工事中

裏側に回ると…これが!何かわかりますか!?

「記憶の固執」という絵画で有名なダリ!
実は僕、ダリが大好きなのです、かなりのサプライズでした。以前、韓国旅行したときにソウルで記憶の固執のレプリカはみて以来、本物がみたくてたまりませんでした。NYのMoMAにある「記憶の固執」がまさかここで見れるのかとテンション上がりっぱなし。

が、ありませんでした。あまり有名な作品はなかったものの、ダリの多くの作品をみることができて満足です。うそです満足してません。やっぱNY行くしかない。(撮影禁止だったので館内の写真はないです)

そのあと、龍山寺というお寺を訪れることに

外観

天井

かなりモクモクしてました

ベビースターラーメン…!

みんなで謡いはじめました

このような2つの三日月形のものを使っておみくじをするそうです。

詳しくはこの記事、台湾のおみくじに書かれています。

台湾も日本と同じ仏教徒の国ですが、それは日本のものとはまた違っているなぁと感じた次第です。wikiで勉強せねば。

台湾の仏教 – Wikipedia

座りたかったので

かき氷専門店へ

そのあと、友達が僕にトライして欲しかった食べ物が

これ!臭豆腐鍋!読んで字のごとく、臭いです。店内のみならず店外にも匂いが充満するほどの強烈な匂いです。写真の黒い物体は鴨の血を固めてできたものです。臭い上に血の塊とは、なんという新しい食べ物。

臭豆腐 – Wikipedia

肉や野菜をぶち込んで

頃合いをみて食す!

臭さも店内に充満していますが、慣れてくると臭みは気にならなくなります。鴨血もプリプリしていてわりとイケました。

お腹いっぱいになったところで台北101へ。101は101階ということに由来しています。

東京タワーを凌ぐ509.2m、2004年時点では世界一の超高層建築物でした

外にはLOVE

受付で1人400NTD(約1270円)チケットを購入していざゆかん

台湾の夜景が一望できます(三脚立てて撮りたかったなぁ)

キレイですね

ズーム

世界最速エレベータ!

そしてその夜、バスで新竹に戻るのでした


5日目:この日は特にすることもなくバーへ

友達オーダーの台湾ヌードル

鼎泰豊でハマった酸辣湯!うまし

ビーフヌードル。いやー台湾フードうまいなぁ

この日もダーツバーで飲み飲み

さぁ、ラストは千と千尋の舞台「九份」ですよ。続く。


台湾の記事関連

台湾観光その1、自然が広がる新竹で台湾の屋台フードをたらふく食らう
台湾観光その3、千と千尋の神隠しの舞台になった「九份」とねこ村「侯硐」

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。