日本語を勉強する女の子たちにベトナムの古都「フエ」という観光地を案内してもらった

Viewts-世界絶景-

2012年の6月4日〜7月11日までフィリピンでの英語勉強の合間を縫って、約1ヶ月ちょっとですがアジアバックパックの旅をしてきました。フィリピン(セブ)、タイ、カンボジア、ベトナム、香港、マカオ、台湾、そしてまたフィリピン(セブ)のルートです。今回は、ベトナムの古都「フエ」というエリアのレポートです。

ベトナムでのスケジュール

1日目:バスでカンボジア(プノンペン)からベトナム(ホーチミン)へ移動
2日目:ホーチミン観光地散策
3日目:ホーチミンからニャチャンへ移動
4日目:ニャチャン到着, ホイアン移動
5日目:ホイアン到着街散策
6日目:ホイアン観光地散策
7日目:ホイアン出発, フエ到着
8日目:フエ観光地散策
9日目:フエ観光地散策, ハノイ移動
10日目:ゲストハウスで休憩
11日目:ハロン湾
12日目:ハノイ散策, 香港移動

今回の記事は上記スケジュールの7,8,9日目になります。

ベトナム記事一覧

西洋の文化が色濃く残るホーチミン(ベトナム)の観光スポットをまったり歩く
アメリカ人カップルと共にベトナムのリゾート「ニャチャン」で過ごした半日
ノスタルジックな街並みに思わず釘付け!ベトナムの観光地「ホイアン」の魅力
日本語を勉強する女の子たちにベトナムの古都「フエ」という観光地を案内してもらった
ベトナムの観光地を巡る!最後は首都ハノイと鍾乳洞が美しすぎる世界遺産ハロン湾


前回書いたノスタルジックな街並みに思わず釘付け!ベトナムの世界遺産「ホイアン」の魅力に続き、ベトナム編。今回はベトナムの中心部に位置するフエという街の記事です。タイトルにもなっている通り「古都フエ」は、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に「フエの建造物群」として登録されているほど歴史的な街でもあります。


大きな地図で見る



その前に、旅あるある。ホイアンでのトラブルを愚痴ります!APTトラ○ルという現地にある日本人向けの旅行代理店でホーチミンからハノイまでのオープンツアーチケットをとっていたのです。このチケット、旅行のスケジュールが決まってなくても前日までに各店舗に訪れて出発日時を伝えてバス予約がその場でできるというベトナムを陸路で横断するのに必須のチケット。ホーチミンにいるときにチケット予約したのですが、ホイアンにあるAPTトラベルが休み。2日連続で行ったけど閉まっていたので、バス日程予約も何もできない状態。ホテルオーナーに電話借りて電話してもダメ。打つ手なし!

しぶしぶ別の代理店でチケットを再手配。ホイアン→フエ分のバス料金損しました。ちくしょう!このとき、王道のベトナムの代理店シンカフェ(Sinhcafe)でとっておくべきだったと後悔しました。でもフエがそんなことを忘れさせてくれるくらい楽しかったので良しとします。うへへ

ホイアンからフエへ移動。休憩地点がかなりのリゾートなんだが。

優雅ですねぇ、平和ですねぇ

トマトスープをオーダー。30分しか休憩ないのにオーダーしてから20分後に運ばれてくる、いやいや!

バス乗客「もう出発するみたいよー急いで!」
僕「ちょまっtwfkぺwg.p」

猫舌の僕にすすり切ることは不可能でした。

地球の歩き方に載っていたビンジュオンホテル1に向かいます。

テレビ・棚・ホットシャワー・Wi-Fiが完備されており、清潔感もあって値段もリーズナブルでオススメ!スタッフの対応も親切で、スタッフによっては少し日本語を話せる方もいます。

日本人にはありがたい観光マップが受付の下に貼られています。僕のような基礎知識ゼロのバックパッカーにはありがたいですね。

ホテルで知り合った日本人2人とランチ。とうがん?みたいなスープ、うまかった。

フエの街をチャリでぶらつく

ビンジュオンホテルで1日レンタルしたチャリでぶらつくことに。

これが、フエで有名な観光地フエ王宮周辺の塀

現地の青年たちがサッカーをして遊んでます

王宮周辺

いいすな~この感じ

戦車!

いかつい

橋の上をチャリで、気持よく颯爽と駆け抜ける

てかバイク多し!

休憩!hudaというフエの地ビール、うまかったー


世界遺産!フエ王宮(Hue Imperial City)

フエの観光スポット、フエ王宮(シタデル)に入ることにします。

王宮はだだっ広いのです

エントランス外観

その後ろにはベトナムの国旗

チケットを買ってレッツゴー。80000ドン、当時と今でレート変わってるけどだいたい170円くらい。

入り口、橋がかかっています

撮影禁止の館内を抜けるとこの景色

なんだこの金ピカの龍は!

しゃきーん

とにかく日差しが強いので日陰あると助かります

ドラゴンの服が飾られています

ホイアンもそうでしたが、ベトナムにはアートが多いですねー

赤と金!派手だ

広くて疲れて外で休憩してました

王宮の一角にある舞台。ここで昔喜劇やオペラなどやっていたみたいなことを通りすがりの人が言ってました。

ホイアンにあったようなちょうちんが味わい深い

休憩所?

なんて唱えたらこのキャラ召喚できますか


端まで行くとこの絶景!(上の写真をクリックするとパノラマみれます)

せっかくなので隅々まで歩いてみました

崩壊感がすごい

左にある建物内で休憩できます。アイス食べました(観光地なのでやたら高い)。

キレイな池庭ですが蜂こわい><

満喫しました。


夜のフエと夜市

フエ王宮を満喫し、ビンジュオンホテルに帰ると、インターンで働くホテルの研修生が複数!その中の4人がディナーに連れてってくれるとのことで、このホテルで出会った世界一周中の日本人女性を交えて夜市へゴー!

この日、金曜日だったためか橋がカラフルにライトアップ!ラッキー。

色が変化します

夜市ブラブラ

魚介もりだくさん

ちょ、カエル!?

カエルは食べてませんが、シーフード料理や春巻きうまかったです!

帰り際になにやらプレゼントをくれるとのことで…なにかをオーダーした様子。

おぉぉぉ!YU YAMA(僕の名前)キーホルダー!嬉しい限りです

次の日、研修中の彼女たちが朝、おいしいしじみ飯を食べさせてくれるとのことで約束し、就寝。


激うまシジミ飯

朝、噂のしじみご飯が食べれる場所にバイクで移動

しかしあれですね、女の子のバイク姿にはキュンキュンしますね。長袖や手袋は日焼け止め対策とのこと。

でたー!これがしじみご飯!これはやばい

そしてこれがヌードル(フォー)版!僕のはパクチー少なめでオーダー。めちゃくちゃうまかったです、絶品。


ティエンムー寺(Thien Mu Pagoda)

おいしいしじみご飯を食べたあと、ティエンムー寺という観光スポットに連れて行ってくれるとのことで、ほんとにもう至れり尽くせりです。

しかしまぁなんというか、この寺、マジでセンスあります。

それはこの盆栽!何を隠そう僕は盆栽好きです。

盆栽盆栽!テンション上がり過ぎて、盆栽撮りに夢中になっている僕を見ながら彼女たちは笑っていました。

そして寺院を象徴するでかい塔

寺院の前にはお線香。なぜか寺院を撮っておらず、失態…。

フエで、亀は神様として祀られているそうです

塔!!

鐘の内部に書かれた何か

こちらにも人間の神らしき像

いかついどでかいジャックフルーツがそこら中に

いやーそれにしても盆栽いいなぁ

お庭もキレイです

最後はフォン川をバックにみんなで記念撮影、ハーレムだろいいだろ

帰りにマンゴージュースをごちそうになりました、そしてビンジュオンホテルまで送り届けてくれました。その日は学校があったらしく、ここでお別れ。

至れり尽くせり過ぎてなんとお礼を言ったらいいか。現地の優しさに感謝感激です。


フエを離れる前の数時間

ホテルにつくと、子供が招いてくれました。

子供「おつかれ、まぁ座れよ」
僕ら「あ、はい(か、かわいい…)」

子供「まぁ、茶でも飲めよ」
僕ら「ありがとうございます!」

僕ら「か、かわいすぎる…」

いやー、無邪気すぎる笑顔に癒されっぱなしでした

バスが来るまで残り数時間、多少時間もあるので近くにあるトリップアドバイザーでやたら評価の高いNina's Cafeに行こうぜとのことに。なにやら、ニナちゃんが可愛くて評判のようです!そんなこと言われたら行くしかないだろ。

まずはマンゴージュース、フルーティーでおいしい!

食べ物もオーダー、うまい!

で、肝心のニナちゃんは…イギリスだかに留学に行ってるらしくいませんでした・・・もうニナお留守ですカフェに名前変更したらいいよ。


近くのショッピングモール

もう少し時間があったのでショッピングモールを行ったりして時間を待つことにしました。

なにこの愛せないマスコットキャラクター

少女がこちらを見ながらめっちゃ微笑みかけてきたのでパシャリ

グローバル派ですねコナンくん!

食べ物がずらり

まるごとカニ

豪快な豚99000ドン(約460円)とリーズナブル!


そしてハノイに向かうのであった

いかがでしたか?古都フエ編。ホイアンでテンション上がりまくって若干疲れ気味だったのでこの2泊3日の間は骨を休めようと思ってましたが、やっぱり現地に着いたら着いたでまたテンションが上がってしまってノンストップでブラブラしてしまいました。

今回はなにより、ビンジュオンで知り合ったベトナム人女性と出会えたのが何より良かったことかな^^4人のうちのひとり今大阪の大学に留学中だそうです。みんな元気にしてるかなぁ。

ってことで、次はハノイをレポります。

My, Tien, Vy, Gokuプレゼントありがとう!

今回の旅で使用していたカメラはこれ



今回の旅のお供にはこの本

D16 地球の歩き方 東南アジア 2012~2013
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 118,350


今回のアジア旅行の関連記事も合わせてどうぞー

$post = get_page($page_id);
echo $post->post_content; ?>

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。