ベトナムの観光地を巡る!最後は首都ハノイと鍾乳洞が美しすぎる世界遺産ハロン湾

Viewts-世界絶景-

2012年の6月4日〜7月11日までフィリピンでの英語勉強の合間を縫って、約1ヶ月ちょっとですがアジアバックパックの旅をしてきました。フィリピン(セブ)、タイ、カンボジア、ベトナム、香港、マカオ、台湾、そしてまたフィリピン(セブ)のルートです。今回は、ベトナムの首都ハノイとハロン湾のレポートです。

ベトナムでのスケジュール

1日目:バスでカンボジア(プノンペン)からベトナム(ホーチミン)へ移動
2日目:ホーチミン観光地散策
3日目:ホーチミンからニャチャンへ移動
4日目:ニャチャン到着, ホイアン移動
5日目:ホイアン到着街散策
6日目:ホイアン観光地散策
7日目:ホイアン出発, フエ到着
8日目:フエ観光地散策
9日目:フエ観光地散策, ハノイ移動
10日目:ゲストハウスで休憩
11日目:ハロン湾
12日目:ハノイ散策, 香港移動

今回の記事は上記スケジュールの9,10,11,12日目になります。

ベトナム記事一覧

西洋の文化が色濃く残るホーチミン(ベトナム)の観光スポットをまったり歩く
アメリカ人カップルと共にベトナムのリゾート「ニャチャン」で過ごした半日
ノスタルジックな街並みに思わず釘付け!ベトナムの観光地「ホイアン」の魅力
日本語を勉強する女の子たちにベトナムの古都「フエ」という観光地を案内してもらった
ベトナムの観光地を巡る!最後は首都ハノイと鍾乳洞が美しすぎる世界遺産ハロン湾


Ho Chi Minh(ホーチミン),Nha Trang(ニャチャン),Hoi An(ホイアン),Hue(フエ)ときて、ついにベトナムの首都Ha Noi(ハノイ)でございます。偶然にもHで始まる街ばかりだ…日が暮れてきた頃にフエを出発し、14〜15時間ほどかけ、お昼前にはハノイに到着。

時間も迫ってきていたため、フエまでノンストップ・ノン休憩でココまで飛ばしてきました。老体にしばしこたえており、キレイな空を見ても「白い雲のように」を口ずさむ体力もなかったので、ハノイ初日はゲストハウスで休憩。次の日、フエのビンジュオンホテルで購入していたハロン湾のツアーチケットを使用し、世界遺産ハロン湾を目指しました。


大きな地図で見る



その前にまたもや事件発生!

バックがびしょぬれ泥まみれ…!バスに預けていたバックパックだが、水浸しの夜道走って多少浸水したせいか、汚れた状態で渡された…これはないわ!

さらに、タイで買った衣装(なんて言うんだっけこのヒラヒラのスカートみたいな奴)が濡れてTシャツに色が付着…これ以外にも複数の犠牲が出ました。怒りのやり場がないってか怒っててもしょうがないと思ってしぶしぶ処分。おいおい日本でこんなことしたらクレーム殺到、賠償額すごいことになるんだぞこんちくしょーとか思いつつ、パソコンなどの電子機器を足元に置いておいて助かったのが不幸中の幸いだった。このとき、いくら店の人に「色落ちしないから」と言われても、染物は買わんとこと思いました。

とりあえずいつものように宿へ。こんときも地球の歩き方に書かれていた宿にバイクおっさんに連れてってもらったが、もう潰れてるよと着いてから教えられ(十中八九知ってた)、提携しているホテルに連れてかされました。くっ、おっさんにしてやられた!

ツインベットルームで1泊15ドルとそんなにボッタクリの値段ではなかったし他を探す体力もなかったので僕はここに決めたけど、同じ手口で連れてこさせられた(?)外国人がぶちギレしていて、外が小一時間口論していてちょっとした騒ぎになるほどでした!内装とかでなく手口が気にくわかったっぽい。クリーニング代やツアー代など他に比べて少々値段が高かったものの、スタッフも親切だったから結果的には良かったですけどね^^


ささ、気を取り直して世界遺産のハロン湾!

あ、ちなみに行くまでハロン湾が世界遺産とも知らず、何があるかも知りませんでした!

1日休憩して翌朝、ハノイからバスでハロン湾クルーズのある船場まで走行、3時間くらいかな?ちなみにフエで購入したチケット代は25ドルでした。ハノイのホテルで予約すれば22ドルだと言っていたので、ハノイ現地のゲストハウスやシンカフェなどで予約したほうが安く済むかもしれません。

クルーズの中はこんな感じ、観光客で賑わっています

向こうにある断崖に向かって出航だ!走れーサウザンドサニー号ー

船やら水上の休憩所やら見慣れない光景が面白い

う、浮いとる

そこには大量の魚や貝類が

現地の少女、たくましい!

噂に聞いてたとおり、カヌーで漕ぐのがこのツアーの楽しみか!おおぉぉ。とかちょっとテンション上がっていたら、カヌーは別料金とのこと。すでに、ツアー代はみんな払っていたので、「ファッッ?カヌー代含まれてねぇーのかよ、F**k!」と外国人数人が荒れ狂っていました。僕はせっかくなので、10ドル払い、たらい回しにされた汗臭い救命服を装着しました。

出発ー、僕にはなぜか金髪美女の相棒がおらず…一人だけだった、みんな2人セットで楽しそうに出発して行くのに!

辛い。

とか思いつつ一人ではしゃぐ。うほカヌー久しぶり、カメラ濡れそうで怖い!

トンネル抜けると

そこは断崖絶壁!

別のところにむかうも

断崖絶壁!

別のところにm

断 崖 絶 壁 !

必殺技みたい。月牙天衝!

ひとりカヌーを楽しみました。これ、ベトナムのお札の絵柄になってる岩らしい

この日は曇り時々雨だったので晴れてたらもっとキレイだったのかなーと思いつつ、なにやらどこかへ連れてかれます。

このツアーのプランを知らないので完全に金魚のフン状態

なんなのどこいくのみんな

なんかガイドがあって、そのとなりの階段登り上がると

うおおおおおおおおおおお

うおーーーーーー凄まじい鍾乳洞!

あとで調べると、ティエンクン鍾乳洞というそうです

お賽銭的なものがある

しっかしカラフルで美しい

天井もほら、このゴツゴツ感

どうやってこんな神秘的なものができるんだろうと不思議な気持ちになります

セーブポイントですね、わかります

恐怖心すら込み上げてくる不思議なパワー

実は僕は以前、言葉を失うほど美しく神秘的な日本六大鍾乳洞「あぶくま洞」に行ってきたので写真レポ書くという記事を書いておりまして、この時以来、鍾乳洞に目がないのです

ぶっちゃけカヌーより楽しい!まさに自然の神秘!

トンネルくぐればサヨナラ駅だよ

鍾乳洞を抜け、てっぺんからみるハロン湾

お土産売り場もあります

帰り

カメラ落としそうになって冷や汗かいたり、鍾乳洞に吸い込まれそうになったり、なかなかスリリングな旅でしたー

帰り道、でたー恒例のパンクトラブル!小一時間の立ち往生。フィリピンでもカンボジアでもあったけど、ベトナムでもか。

帰り、休憩所のお土産売り場

デザインがきれいやで!

この色使い、模様、いいですなー

ベトナムの色とりどりの器デザイン

ちょ、こんなピカチ○ウ愛せない

パンクトラブルがあったものの、無事ハノイに帰り着き夕飯

参考リンク

ハロン湾 – Wikipedia


その他ハノイ観光地の写真を載せるはずが…

うっかり写真データを消してしまいました…
ちなみに、ハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)ホー チ ミン廟にいきました。街をブラブラした写真載っけたかったのですが、やらかしたー。


締りが悪いですがここでベトナム編終了

いやー、個人的にはハロン湾の特に鍾乳洞が今回の記事で一番楽しかったところです。ハノイはあまり巡れなかったので、また行きたいなーと。次回は香港編!あの百万ドルの夜景を必死で撮影する僕の姿が、そこにはありました。ではでは!

今回の旅で使用していたカメラはこれ



今回の旅のお供にはこの本

D16 地球の歩き方 東南アジア 2012~2013
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 118,350


今回のアジア旅行の関連記事も合わせてどうぞー

$post = get_page($page_id);
echo $post->post_content; ?>

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。