写真で振り返るタイの観光スポット〜アユタヤ遺跡、ワット・アルン、ワット・ポー〜

Viewts-世界絶景-

約1ヶ月間に渡るワクワクドキドキのアジア一人旅。自分の旅の備忘録を兼ねて、これから初めてアジアをバックパックで旅行する方やアジアを訪れる方に少しでも参考になればと思います。今回はタイ(バンコク)編です。タイのバンコクから近い世界遺産のアユタヤ遺跡を中心に、ワット・アルン、ワット・ポー、カオサン通りなどを紹介します。

スケジュール

出発:成田空港→仁川空港→スワンナプーム空港→カオサン通り→NAT2(ゲストハウス)
1日目:情報収集、サイアム周辺・カオサン通り散策
2日目:アユタヤ遺跡、バンパイン宮殿
3日目:シリラート死体博物館、ワット・アルン、ワット・ポー
4日目:朝方バスでカンボジアへ移動

この記事は2012年7月23日に書いた記事です。1バーツ=2.5円で計算しています。


6月4日は出発のとき

成田空港出発〜スワンナプーム空港到着

成田空港→仁川空港と、仁川空港→スワンナプーム空港の間の機内食。オリエンタル料理ってなんだと思ってチョイスしたらこんな感じのが出てきた。ちなみに航空券は、セブから日本に帰る兼ね合いもあって一番安い大韓航空にしました。スカイゲートでは周遊旅行券の検索もできるので、例えば、行きはバンコクのスワンナプーム空港に着いて、帰りはハノイのノイバイ国際空港から帰りたいんだけどって言う人にはもってこいです。周遊での航空券を探すのに僕が使ったサイトの中で、スカイゲートは一番カスタマイズ性に優れていました。

また、もっと安い値段でいけるんじゃないかと心配な方はskyscannerで各区間の航空料金を検索し、片道で取るのも手だと思います。どちらが得かは往復よりもトータルで高くなる場合もあるし安くすむ場合もあるし、場所によって異なると思うので一概に言えないです。でも遠足の前の荷物準備のときが一番楽しいっていいますけど、航空券を探しながら旅のルートを考えてるときがとっても楽しかったです^^

機内で配られた入出国カード。タイのはこんな感じ。読んで字のごとく、ARRIVAL CARDはその国の到着時に、DEPARTURE CARDはその国を出国するときに空港内の入国審査のところで使用します。僕は初め、なんで2枚も書くんだよ思ったほどの海外初心者でした恥ずかしい。

スワンナプーム空港到着。時差は、タイのほうが日本よりも2時間遅い。

とりあえずカオサン通りに行くために空港を出てすぐの乗り場でタクシーを待つ。空港に降り立ったとき、匂いは…アジアン雑貨屋さんのかほりって思った気がする。そうですね、雑な感想ですね。このとき、不覚にもカオサン通りっていうキーワードしか知らないので、宿も見つけなきゃだし荷物重いし夜遅いし一人旅不安だしここで本当にタクシー乗れるのかと初めてだらけでテンパり中。


カオサン通り(Khaosan Road)

なんとかカオサン通り到着!タクシーで500バーツ(約1250円)。初乗りは35バーツ(約87.5円)。後で聞けば、スワンナプーム空港からカオサン通りまで高速料金込みで400〜450バーツくらいで来れる人と、700〜900バーツくらい取られる人といるみたいです。ネットや情報誌である程度相場をチェックしておいたほうが無難ですね。

っていうかカオサン通りは外国人多し!欧米人だらけです。ある意味タイにいる気がしません。

この日、6月4日は仏陀の日で、お酒が買えませんでした。ブッダデーはお酒を飲んではいけないようです。でも深夜0時を回った瞬間、泊まったゲストハウスのスタッフはそっこう飲んでました。

あいらぶかおさん。赤いヘアーのおっさんは愛せない。

カオサン通りにあるイス。わー食べられちゃうよーたすけてーとかバカップル的なことしてみたい。

今回の宿屋はカオサン通りを抜けて裏路地を少し歩いたところに位置するNAT2という日本人バックパッカー御用達のゲストハウス。ファン付き1人部屋で1泊260バーツ(約650円)。ドミトリーにすればもっと安くなるし、エアコン付きにするともう少し高い。予算に合わせてお好みの部屋が選べます。スタッフも親切だし他の日本人からさまざまな旅行情報を聞けるし、ロビーに行けばWifiも使えるのでオススメ。僕は道端でダベっていた警官に声をかけNAT2を教えてもらった。僕のようにバックパック初心者の方で右も左もわからないぜって方は是非ここを訪れてみてはいかがでしょう。



1日目 タイのセンター街散策

情報収集は日本人経営の旅行代理店で

バンコクはカオサンにある日本人経営の旅行代理店ジパングトラベルさん。本当にわからないコトだらけだったので、タイの歩き方や宿情報、バスの乗り方、貴重品管理のしかたなどなどいろんなことを親切丁寧に教えて頂きました!感謝感謝です。ってことでいろいろ聞いて、翌日のアユタヤ遺跡ツアーを予約。

左上の食べ物、ドラゴンフルーツ。名前の通りかっこいい!


ちなみにドラゴンフルーツジュースはこんな感じ。甘すぎずあっさりで黒い種がつぶつぶしてて僕は結構好きです。

この日は特に予定もなかったのでバンコクのセンター街であるサイアムにバスで行くことに。たしか白色バスで青い帯が入っている一律8バーツの激安のバスに乗った気がする。バス停の近くにあるなんか違うサークルK。

サイアム周辺

屋台フード

お昼休憩。名前わかんない。

サイアムパラゴンというデパート、たぶん

たぶんこれもサイアムパラゴン

オシャレなつくり。鯉が泳いでます。

噴水

この日フラワーフェスティバル(?)が開催されていました。何かと思ったらこの鳥はすべて花で出来ています。念のため忠告しておきますが、鼻ではありません。

上の写真の後ろ側

別アングル、どのくらいの費用がかかるんだろう

タイのシリキット王妃

リアルウツボット

この日は夕方にはゲストハウスに戻り、ちょうど同じゲストハウスに居合わせたカナダ人と食事をして終了。






2日目 アユタヤ遺跡とバンパイン宮殿

ワットプーカオトーン(What Phu Khao Thong)

カオサン通りから1時間半ほど(定かではないです)で到着したアユタヤ遺跡。

あいにくの曇り空です。

正面

でかい。カメラにおさまらん。

僧侶、撮影を笑顔で了承してくれました

…なに?ばっふぁろー?ぞう?いぬ?

赤い、妙に赤い木

これ…

どこ?


ワットロカヤスタ(Wat Lokaya Sutha)

寝てます


ワットプラマハタート(Wat Phra Mahathat)

木の根で覆われた微笑みの仏頭で知られるワットプラマハタート

ビルマ軍の襲撃がうんちゃらかんちゃらでほとんどの仏像の頭が切り取られてます。

ちょっとした迷路になってます

そこらじゅうに積み石が…どういう意味があるんだろう?知ってる方いたら教えて下さいー

堂々たるや

お土産

アユタヤツアー昼食。まぜまぜ。


ワットプラシーサンペット(What Phra Si Sanphet)

アユタヤの8代、9代、10代の王様のお墓らしい

反対側から

ビルマの侵攻で完全崩壊したけど再建したんだそうです


ウィハーンプラモンコンボピット(Viharn Phra Mongko Bopit)

赤と白と金色のビビットな色使い

でかい。金色に輝くご立派な仏様。

Pray

僧侶もPray

お土産売り場、日本では見たことのない物珍しい食べ物がたくさん。買えてもバナナだな

外にはたくさんの像

ぱおーんする像


バンパイン宮殿

バンパイン宮殿では、タイ建築、ヨーロッパ風建築、中国建築と様々なデザインの建築物をみることができました。

プラ・ティナン・アイサワン・ティッパアト タイ建築

プラ・ティナン・ウィトゥン・タサナー

プラ・ティナン・ウェーハート・チャルムーン 中国風建築

ヨーロッパ風の建物

ジパングさんで予約したアユタヤツアー、行く場所も多くかなり弾丸でハードな1日でしたが充実したツアーでした!ちなみに値段はバンパイン宮殿なしは450バーツ(約1125円)、バンパイン宮殿付きで600バーツ(約1500円)でした。



3日目

朝食

カオサンからチャオプラヤー川を船で渡りました。確か2バーツくらいと激安だった気がします。


シリラート死体博物館

入り口にしょっぱなっから子供のホルマリン漬けがいくつかあります。内部撮影禁止につき、写真はありませんが結構すごかったです。興味ある方は下記リンクからどうぞ。グロ注意です。
シリラート死体博物館[Siriraj Medical Museum] | バンコクナビ


ワット・アルン

シリラート死体博物館を少し南下したところにその巨大な塔は見えてきます

石像がチャーミング

ラーマキエン物語というタイ伝統の舞踊劇のキャラクターらしいです

がおー

恐ろしいほど急な上り階段

塔からのチャオプラヤー川方面の眺め。悪天候な上に間違えて描画モードで撮影してしまった

アジアならではの赤と黄色と白の屋根

叫んでみました。叫んだフリをしてみました。

急すぎる下り階段。降り終わった後、腰にきた。

最後に、天候が良かったらこんな感じかなと、青空と合成してみた

ワット・ポー

金色に輝く全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏

でけー指かわいー

ワットポーの外

門番?

帰りはトゥクトゥクという2〜4人用の乗り物でカオサン通りまで移動


カオサン通り

カオサンの夕方、夜ほどの賑わいはない

夕食は屋台でたべることに

ピリ辛が食欲そそるソムタム。ピリ辛というか僕には激辛だったかも。

もちもちした食感のカオニャオとコームーヤン(豚の喉肉)。うまー

お世話になったNAT2を出て、1日だけカオサンにあるKAWIN PLACEに宿泊。すみません値段忘れました。カオサンを歩くにはジパングトラベルさんのカオサンの歩き方MAPが大変参考になります。

また、カオサン通りの日本人経営の旅行代理店であれば、サワディーアンコールツアーさんも有名のようです。



4日目

タイからカンボジアへ国境越え

早朝。この日はタイからカンボジアへの国境越え。タイは観光目的の30日以内の滞在であればビザを取得する必要はなかったが、カンボジアは入国するのにビザ取得が必要。ジパングトラベルさんでチャーターしてもらえるバンに乗り込み国境越え。その際に以下のフォームに必要事項を記入の上、タイとカンボジアの国境でVISA申請の手続き。僕らはなんだかんだで代行してもらったけど、安くすませるのなら、予めカンボジア大使館のWEBサイトからでVISAを申請しておくほうが何かとスムーズだろう。僕は、ネットからできるの知りませんでした…。現地でやるにしても2枚の証明写真が必要なので、日本から持参するかカオサン通りの写真屋さんで撮っておくのが吉。

入出国カードとVISA申請用紙

ランチを食べてカンボジア入国!

参考リンク

カンボジア大使館 – ビザ申請案内


以上

タイ編はここまでになります。旅を思い出しながら書くのって楽しいですね。でもまだ1ヶ月しか経ってないのに、忘れているところは忘れています。記憶がまだ鮮明なうちにカンボジア以降もはやく書いとかないと。

ではでは。

P.S.
何かご質問等あればおしゃべり用twitterアカウントの@yuuy0424までどうぞ。答えられる範囲で答えます。


今回の旅で使用していたカメラはこれ



今回の旅のお供にはこの本

D16 地球の歩き方 東南アジア 2012~2013
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 118,350


今回のアジア旅行の関連記事も合わせてどうぞー

$post = get_page($page_id);
echo $post->post_content; ?>

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。