語学留学から帰ってきて活用した外資転職エージェントや転職支援サイト〜契約社員・正社員編〜

Viewts-世界絶景-

約4ヶ月の就活の末、無事NYやシンガポールなど世界各国に支社をかまえる都内の某コンサルテイング企業から内定を頂きました。その他正社員や契約社員としていくつか内定を頂きましたし、個人事業主としても常駐案件を探していましたが、やはり拘っていたのは、国際色豊かな環境がありWebと英語の両方を活かして仕事できるということでしたので、無事マッチする企業が見つかって一安心。今回は転職するにあたって僕が活用した主に外資系を扱う転職支援サイトや外資転職エージェントを紹介します。

どもです。いやー長かった。ちゅうことで今回は、どちらかといえば外資系求人や語学を活かした転職活動にフォーカスしてます。フリーランスを辞めて再就職する理由や語学留学を活かした転職についてはまた後日別の記事で書きますね。

ってかそもそも外資系で働くメリットってなにさ?どやさ?って方は、外資系企業転職.JPの外資系で働く魅力・メリットをみてもらえればわかりやすいかと。


書いてる人について簡単に紹介

2010年12月に、NAGOCREという屋号で個人事業を開業。フリーランス歴3年数ヶ月、請負で仕事する傍ら、念願叶って9ヶ月間のフィリピン留学と1年間のカナダ留学を果たす。2013年11月中旬に日本へ帰国して、初めはゆるく転職活動開始、1月から本格化。フリーランスで受託していたWebのお仕事は1月中旬に引き継ぎ終えて、2月上旬に内定、3月よりコンサルティング企業で仕事開始予定。と、ざっとこんな感じです。

ABOUTページにもう少し詳しく書かれているので興味があればどうぞ。


この記事を読んでもらいたい人/マッチする人

  • 海外留学中の人・帰国してすぐの人
  • 外資系企業を主軸に仕事探ししている人
  • 業務で英語を活かしたい人
  • Webの仕事してて転職を考えてる人
  • コンピューターおばあちゃん

新卒者向けではなく、どちらかといえば転職者向けになります。


転職活動に向けて事前にしたこと

  • 履歴書作成(日本語版)
  • 職務経歴書の更新または作成(英語版・日本語版)
  • ポートフォリオ(作品集)の作成
  • 転職支援サイトへの登録及びエージェント探し
  • 仕事の引き継ぎ準備

日本に帰ってきてから転職活動がスムーズに行えるよう、この辺はカナダにいるときにやりました。あと、カナダ人の友達にレジュメの文法等もチェックしてもらいたかったのもあったので。仕事を完全に引き継ぎ終わったのは1月ですが。

英語のレジュメの作成方法

以前書いた記事、ワーキングホリデー(ワーホリ)でカナダ留学!初めにしたこと・費用・家探し・仕事探しなどのまとめの「英文履歴書(レジュメ)作成」という項目に参考リンク貼ってます。

ポートフォリオ作成

つい先日、webデザイナーの転職に役立つ、ポートフォリオサイトの作り方という記事を見つけました、参考になります。Web業界で働く方にとって、ポートフォリオと職務経歴書の作りこみが転職活動を成功させる上で重要なポイントとなります。


ちなみに、よく耳にする転職(求人)サイト

転職サイトと聞いてパッと思い浮かぶところといえば、リクナビNEXTDODA(デューダ)エンジャパンイーキャリアマイナビ転職あたりが有名所でしょうか。またIT/Web業界ではGreen(グリーン)Find Jobあたりを思い浮かべます。

その他、転職サイト徹底比較ランキングにもあるようにまだまだたくさんあります。

さてここから本題、おすすめの外資転職支援サイトと転職エージェントピックアップしていきます。


今回登録した中でオススメの外資転職支援サイト

ダイジョブ

インターナショナルビジネスプロフェッショナルのための転職情報サイト。直接企業からの求人情報、または転職エージェントからの外資系企業紹介求人を多数扱っています。

参考リンク

ダイジョブ(Daijob.com)

キャリアクロス

ダイジョブと同じく、英語が活かせる外資系・グローバル企業転職求人サイト。

参考リンク

キャリアクロス

この2つのサイトに経歴書(日・英版)をアップすると、数日後に直接企業からまたは転職エージェントからオファーメールを頂くことができました。

以下は実際にお仕事を紹介してもらったオススメの転職エージェントです。


今回登録した中でオススメの転職エージェント

JAC Recruitment

国内をはじめ、世界8カ国とのネットワークを活用した外資系・グローバル企業、海外転職に強い人材紹介サービス。紹介案件数でいうと一番多く、選択の幅が広がるかと思いますので登録して損はないです。ありがたいことに、より良いレジュメの書き方のアドバイスも頂きました。

参考リンク

JAC Recruitment

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン

外資系転職に強いグローバル人材紹介会社。業種も金融、保険、不動産、テクノロジーと多岐にわたります。その業界に精通した専任のコーディネーターの方が親切丁寧で、私の希望条件に合う求人のご提案を頂きました。


マイケル・ペイジ

現在世界34カ国・153支店を構えるロンドン発の外資系人材紹介会社。「一流外資系企業の外資系求人情報が、3000件以上掲載されています」とのこと。「面接でよく聞かれる質問」など事前にアドバイス頂きました。

参考リンク

マイケル・ペイジ

スキルハウス

Web/IT関係の求人に特化した転職エージェントです。深い知識を持ったコーディネーターさんにサポート頂き、スピード感あるスムーズな対応がたいへん好印象でした。


また、どのエージェントもそうですが、半分以上の求人は企業非公開となっているようですので、一度各転職エージェントにコンタクトを取ってみると良いでしょう。初めに電話または直接の面談で、希望の労働条件・給与・業種・職種・勤務地などのヒヤリングも目的としたカウンセリングが行われます。その際には必ず職務経歴書(特に日本語版)の提出を求められますので事前に用意しておきましょう。


その他外資系転職エージェント

その他、僕は今回に関しては縁がなく登録はしませんでしたが、外資系転職求人サイト等でよく見かけたエージェントさんを並べときます。

ロバート・ウォルターズ
世界24カ国の主要都市に53オフィスを構えバイリンガル・スペシャリストの転職において優れた信頼と実績を持つ。

ロバートハーフ
経理・財務、IT分野、金融の雇用に精通していますとのこと。

アズール&カンパニー
外資系消費財業界の転職・求人に強いエージェント。

クライス&カンパニー
30代エグゼクティブのためのヘッドハンティング・人材紹介会社。


良い転職をしよう

いかがでしたか?前述したように今回は主に外資系求人を扱う転職エージェントにフォーカスしてます。同じように語学力+これまで培ったスキルを駆使して皆さんがより良い転職活動ができるよう、僕が4ヶ月で培った転職活動ノウハウを参考にしてもらえれば幸いです。次は個人事業主編を書きたいと思います。ではでは。

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。