言葉を失うほど美しく神秘的な日本六大鍾乳洞「あぶくま洞」に行ってきたので写真レポ書く

Viewts-世界絶景-

先週土曜日に日本六大鍾乳洞の「あぶくま洞」へ行ってきました。あぶくま洞は福島県田村市にあります。だそうです。土地勘ゼロ。しらべてみると日本三大鍾乳洞には残念ながら入っていないようですが、とても神秘的でヒデキ感激でしたのでそのレポートをば。

ってことでちょいと久しぶりの更新。
写真と拙い文章ではありますが、あらステキやんを味わってもらえれば嬉しいです。
ちなみに写真は愛機、SONYのNEX-5というシームレス一眼で撮影しました。
持ち運び楽なので買って正解でした、この軽さはまさに冒険のときためのカメラだ。
ってか今だと5万ちょいなのね…。

それではどうぞ



逆方向にはプラネタリウムもあるようだ、それはそれで次回行きたい。
ちなみにこの日はあいにくの曇り空でした、観光客も以外と少なかった。
そう、写真撮りたい放題。


眺めもいいーきもちー


券売付近にあぶくま洞パンフレット
券は大人1枚800円なり


こんな感じのところをテクテク


てくてく


ついに洞窟入り口きたー!
冷気が…ヒンヤリきもちー!15度だそうだ。夏にはもってこい。
ちなみに湿度は90%らしい。


いかちぃ


うわ…顔にみえるこわい


どんどんせまくなってまいりました


でました必殺カラフル照明効果!実際見るとものすごく幻想的でさらに感動もの


ドラゴンが住ry


もうくぐるときなんかはうんこ座りで前進しなきゃ通れない狭さです


秘密基地みたいな感覚。子供達はもちろん超はしゃいでましたが、大人も超楽しい。

のぼり終えるとそこは…


「石化の樹木」という名らしい。上の写真のとなりにあるのがこれ。
圧倒的な怖さ。

さらに階段をのぼると…
最後の見せ場!


言葉を失うほどの美しさ


天井はもうほんとに実際みてもらいたい、すごいとしかいいようがない。
奥行き感がすごい。あぁ、広角と魚眼が欲しかった…。


いやぁ、しかしキレイだ

超堪能しました。


終わりかと思ったらキノコモンスターが(!?)
帰りもまだまだ楽しめるのがあぶくま洞。


最後は、「月の世界」。
暗い版。


明るい版その2


外ですとうとう終わりです


外です松です松は美しいです

あぶくま洞 – Wikipedia

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。