日本人として誇りに思えた・勇気づけられた記事まとめ

Viewts-世界絶景-

ニュースや東北地方太平洋沖地震関連の衝撃的な記事が多くホットエントリーにあがっていて減なりしている中、これはホッコリした!これは誇らしい!と個人的に励まされた記事をまとめてみました。これらをみて、一人でも多くの人が勇気づけられたら良いなと思います。頑張れ日本!

言葉編

地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき

4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持って、自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は感動して泣けてきた。

ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった

国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」

昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。心温まった。東京も捨てたもんじゃないな。

バイト先に若いお兄さんたちが軍団でお酒を買いに来たんだけど、その中の一人が「やべえ、オレお酒のためにしかお金持ってきてないから募金できん。ちょっとこれ買うのやめるわ」って言って商品返品してそのお金全部募金してた。お友達も続々と募金しててすごい感動した。 すごいよ

2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。「地震を逮捕しに行く!」とのこと。小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。

中でもお気に入りを一部抜粋。ほっこりなツイートまとめ。もうね、日本大好き。


画像編

【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り

Instagramにアップされた日本を応援する写真まとめ。世界中から祈りが届いてます。

「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。

日本人のマナーが評価されているようです。

「本州が東に243センチ動いた」 アメリカ地質研究所が発表

地震、津波への意識、対策が高い日本だからこそであったと海外メディアはレポート。アメリカ地質研究所のデイビッド・アップルゲート氏は「このレベルの地震に耐えられるとすれば対策がしっかりとされている日本くらいだ。」とコメントしている。

対策って大事ですね…一刻も早く、一人でも多くの命が救われることを祈らんばかりです。

日本で地震や津波の被害に遭われた方々へ

WEBサービス業ならではの支援方法。ひとりひとり、できることを。

節電ポスター

節電をコピーにした投稿型のWEBサービス。「消すんじゃないよ 届けるんだよ」このキャッチにグッときた。


最後に

まぁ個人的な話ですが、韓国にいる彼女から、「めちゃくちゃになったコンビニでも皆ちゃんと並んで、後の人のために必要な分だけを買ってる姿が報道されてて、日本人すごいねーって今妹と話してたよ〜」とカカオトーク(っていうチャットができるiPhoneアプリ)でメッセージが来て僕は、日本人としてとても誇らしかったです嬉しかったです。頑張れ日本!


P.S.
かちびと.netさんもホッコリ記事きたー。
【拡散希望】もいいけど、希望を拡散したいのでポジティブな情報だけまとめた

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。