ワーキングホリデー(ワーホリ)でカナダ留学!初めにしたこと・費用・家探し・仕事探しなどのまとめ

Viewts-世界絶景-

僕のカナダ(トロント)生活も今月の終わりで約半年経ちます。カナダでの仕事探し、部屋探し、生活のノウハウがたまってきましたのここいらでフィリピン留学に続いてカナダ留学の半年間の中間報告します。僕の報告はいつも半年刻みだなぁ。

このブログを読む前に

こんな人にオススメの記事です!
・国際人を目指す学生さん
・外資系を目指す20代の社会人
・ワーホリに興味のある人
・留学して英語を勉強したい人
・留学生活を楽しみたい人
・カナダ留学にきてまだ日が浅い人


みなさんはカナダと聞くと何を思い浮かべますか?ナイアガラ?オーロラ?大自然?寒い?カナダ美女?いろいろあるかと思いますが、思い浮かべることの一つに語学留学があるのではないでしょうか。カナダは、ワーキングホリデープログラム協定国として有名ですね。その枠も広いのでワーキングホリデー・ビザが非常に取りやすく、治安も良いので、オーストラリアやニュージーランドと同様に語学留学生に大変人気の国でもあります。

本文に記載されているCADとはカナダドルを指します。
1CAD=約95円(2013年4月18日)なので、本文中ではキリよく100円で計算している箇所もあります。

以下、カナダ留学に興味ある人は要一読!


カナダ基本情報

超ざっくり書きます。

通貨:カナダドル(CAD)
気候:州による。トロントの場合、夏は過ごしやすく冬はクソ寒い
国土:でかい。オンタリオ州だけで日本の約2.8倍、全体で約27倍
首都:オタワ(オンタリオ州)
時差:バンクーバーは-17時間、トロントは-14時間(サマータイムはそれに+1)
宗教:80%がクリスチャン、教会多し
プラグ:Aタイプ、日本のコンセントとほぼ一緒なので使えます
水:飲めます、飲んでます。敏感な人は安いので買うことをオススメします



王道!語学学校でカナダデビュー

初めてカナダに来る英語学習者は学生ビザを使って語学学校で勉強をし、ワーキングホリデービザに切り替えて期限までカナダでアルバイトして働くというケースが多いのようです。

カナダの語学学校に関して、僕は半年間のフィリピン留学を経ているため、カナダの語学学校には通ってないので正直調べた情報や友達からの話ででしかわかりません。かといって、ここでエージェントに聞くほうが確実ですと丸投げするのも味気ないので、カナダで出会ったルームメイトや友達の話を参考に相場や特徴を書いときます。

カナダ留学が人気の理由とその特徴

・なんてったってアイドルカナダは治安がいい
・国際色豊か(アラブ、中南米、ヨーロッパ、アジアなど)
・レベル分けが細かくカリキュラムが充実している
・公用語が英語(フィリピンはタガログ語)
・多文化(イギリス、フランス、アメリカ文化など)

などなど。

ケベックなどはフランス語が公用語と例外もありますが、街歩いていて英語が聞こえてくるのはいいですねー。そしてなんといっても治安!カナダは常に住みやすい国/都市ランキングの上位(バンクーバー、トロント、カルガリーなど)ですね。フィリピン留学を経て、次のステップアップとしてオーストラリア留学が多かったですがカナダへ留学するという学生さんも少なくありませんでした。国際色豊かなのも魅力のひとつですねー。

あ、今度カナダの語学学校で1日体験させてもらえる事になったのでまた後日まとめますね。そのあと、フィリピン留学とカナダ留学も比較して書けたらなーと思ってますので留学に興味ある人はこちらもまた要ちぇけらっちょーですよ。


留学費用

ここでは何人かの知人の話や自分で調べた情報を基に算出しています。

渡航費 1000CAD〜1400CAD
学費 1100CAD〜1400CAD/月
寮費 ホームステイ:800〜1000CAD/月
シェアハウス:600〜800CAD/月
生活費/その他 1000CAD〜1500CAD/月
海外保険料 100CAD/月
トータル 2800CAD〜4000CAD/月+渡航費(初月)

つまり安く済ませれば約2800CAD/月(28万円/月)、平均すると約3400CAD/月(34万円/月)+渡航費片道で8万、往復で14万(初月)ほどかかるわけですね。チョイスする学校や寮や生活費にどのくらい費やすかで大幅に変わってきます。

ちなみに学校やホームステイ先で出会った友達から飲み会に誘われることが多いようですね、生活費というか飲み会代を削ることでもっと抑えることもできると思います。


学校の詳しい情報

カナダの留学エージェントであるBRAND NEW WAYJpcanadaU23のサイトなどを参考にしてみて下さい。


カナダに着いて初めにやったこと

ホステル探し・家探し

まずは住む家…初めはHI-TorontoやGlobal Village BackpackersというYouth Hostelに泊まっていました。バックパッカーはご存知かと思いますが、いわゆる安宿ですね。トロントにあるホステルの場合は25〜30CAD/1泊くらいで泊まれます。合計で2週間くらい2つのゲストハウスに滞在しながらアパート探しをしていました。今住んでいるベースメント(basement)と呼ばれる半地階のシェアルームは、後述するクラシファイドサイトで見つけました。

おまけ:現在僕の家は、ダウンタウンまで徒歩で行ける圏内にあり、家賃は家具・キッチン用品・Wi-Fi付きで450CADです。トロントの一般的なシェアルーム(風呂トイレキッチンは共同・部屋は1人)は、ダウンタウンで450〜600CAD、ダウンタウンを離れると350〜500CADといったところでしょうか。コンドミニアムやホームステイだともう少し値が上がりますね。バンクーバーも同じくらいですか?とりあえず家によりますが感覚として言えるのは、家賃に関しては東京に住むより安いですね。参考までに。

携帯契約

大手Rogers、Bell、Telusを筆頭に、Koodo(Telusのセカンドブランド)、Fido(Rogersのセカンドブランド)、Solo(Bellのセカンドブランド)、Wind、Virgineなどがあります。多いがな!僕は安かったのでFidoの35CADのStandardプランを使ってます。Fidoは日本の留学生に人気のようですね。月ごとにオンラインや店舗、クレジットカードで支払いできます。

その他、けーたい屋などのカナダにある日本人向け携帯電話販売店で契約する人も多いみたいですね。とりあえずワーホリで1年と考えてる人は、年間契約(コントラクト)は避けたいところです。

契約に必要なもの
・パスポート
・家の住所
・支払いをクレジットカードにする人はクレカ

参考リンク

カナダの携帯電話・Fido・Telus・Rogers・Bell | カナダ留学ノススメ
カナダで携帯電話を持つなら・けーたい屋

SIN(Social Insurance Number)登録

カナダではSocial Insurance Number(通称SIN)と呼ばれている働くための社会保険番号が必要です。SINはService Canada Officeで取得することができます。僕はトロントのClair駅にあるHuman Resource Centreに行き、あまり待たされることなくスムーズに申請出来ました。

申請してからSINカードが届くまでに3〜5週間かかると言われてますが、申請終了とともに自分の番号が記載されている紙が手渡されるので、その後すぐに働き始めることが可能です。このSIN、ワーキングホリデーでカナダ留学する人は着いてすぐに取得しておいたほうが良いでしょう。

取得に必要なもの
・ビザ(Work Permit)
・パスポート
・家の住所
・携帯番号


口座開設

自分の場合、日本から請け負っているWeb制作案件もあったのでカナダに住み始めて4ヶ月ほどしてから開設しましたが、すぐに働き始めたい人は先に口座開設しておきましょう。TD Canada Trust、RBC(Royal Bank of Canada)、Scotiabank(Bank of Nova Scotia)、BMC(Bank of Montreal)、CIBCなどいろいろあります。留学生にはTD Canada TrustやRBCが人気のようで僕はTD Canada Trustで開設しました。ちなみにカナダはかなりカード社会みたいで、デビットカードでの支払いがメジャーでよく見かけます。

開設に必要なもの
・パスポート
・家の住所
・携帯番号


英文履歴書(レジュメ)作成

学校を卒業後に働く予定の人や僕みたいにとりあえずカナダに乗り込んできた人は、働き始めるのにレジュメをダッシュで作成しないとですね。学校に行ってる人または行く予定の人は学校にいるうちにレジュメ書いて先生にチェックしてもらいましょう。僕は友達にチェックしてもらいました。なお、英文履歴書サンプルには顔写真がのってますが、カナダのレジュメには基本的に顔写真や年齢は必要ないです。そう思うと日本は結構、見た目や年齢を気にしがちですねぇ。その他レジュメの書き方参考リンクを下に貼っときますね。

ちなみに、作成したレジュメのコピーはインターネットカフェか街中のエージェントで出来ます。なお、北米はA4サイズではなくレターサイズ(215.9mm × 279.4mm)が一般的です。A4サイズから94%くらいで圧縮すればおさまりはしますが、その辺注意が必要です。


はじめにしたことは、そんなところでしょうか。





家探し・仕事探しはクラシファイドサイトを使う

クラシファイドサイトとは、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形式で掲載する広告媒体で、かいつまんでいうと目的別にカテゴリ分けされた掲示板です。個人(または企業)が書き込みをし、その書き込みに対して興味のある人がメールや電話をして連絡を取り合うことができる交流の場です。

このクラシファイドサイトを使って、仕事探しや部屋探しができるだけでなく、逆に仕事下さい・家探してますとも書き込めるし、帰国の際に要らなくなった日用品や何かを、市販されている値段よりも安く売ったり買ったりもできたりと、いろんな活用方法があるようです。僕は最近チャリを買おうと思ってます。

そんな万能なクラシファイドサイトを以下に3つ紹介します。

craigslist

世界最大級のクラシファイドサイトです。基本は英語でのコミュニケーションになります。

craigslist
www.craigslist.org

仕事探しであれば「jobs」カテゴリから、部屋探しであれば「housing」カテゴリから探すことができます。craigslistのtoronto版はこちら、craigslistのvancouver版はこちらです。

Kijiji

カナダで有名なクラシファイドサイトです。こちらも基本は英語でのコミュニケーションになります。

Kijiji
http://kijiji.ca/

こちらも同様に仕事探しは「jobs」カテゴリから、部屋探しは「real estate」カテゴリの「apartments, condos 」や「room rental, roommates 」など。KijijiのToronto版はこちらKijijiのVancouver版はこちらです。

e-Maple

こちらは、日本人向けのクラシファイドサイト。craigslistとkijijiは英語でのやりとりになりますが、英語力にまだ自信がないという人や外国人じゃちょっと不安だという人はe-Mapleがオススメです。

e-Maple
http://www.e-maple.net/

部屋探しに関して、「クラシファイドメニューの部屋貸します」カテゴリで募集の一覧がみれます、地域や部屋タイプで絞り込むことができます。仕事探しに関しては、「クラシファイドメニューの求人してます」カテゴリで求人募集がみれます。こちらも、地域や業種別に絞り込むことができます。

個人的な感想
e-Mapleは住居者募集も求人募集も日本人からの投稿がほとんどなので、家にはもちろん日本人が多いでしょうし職場も日本人が多いことと思われます。完全なる英語環境を望むのであればcraigslistやkijijiで探すのがいいと思いますし、まだあまり英語に自信のない人や不安な人にとってはe-Mapleを使って探すほうが速いし得策でしょう。

カナダへ英語の勉強しに来ているから日本語をあまり使いたくないとはいえ、やっぱり日本人同士の現地での情報交換は大切です。

以上、個人の目的に合わせてうまくクラシファイドサイトを使うと良いですよ。

その他仕事探し方法

・レストランにレジュメを配り歩く
・駅付近や町中にある新聞広告やフリーペーパーで探す
・エージェントを活用する
Monster(日本で言うリクナビ)を活用する
LinkedInを活用する

その他、詳しい仕事探し情報はEastern Eastさんの日本とカナダ その2 仕事探し編が参考になります。

なお、オンタリオ州(トロントやオタワなど)の最低時給額は10.25CADです。ブリティッシュコロンビア州(バンクーバーやビクトリアなど)も昨年2012年に最低賃金が10.25CADに値上がりしたそうです。レストランのサーバーはこれにプラスしてチップですね。基本的には。


友達作り・コミュニティー作り

僕は前述したとおり、カナダの語学学校には行っていないので友達が増えず大変でした…!日本人同士の繋がりはわりと簡単に作れるでしょうが、特に外国人との繋がりがありませんでした。今も多いとは言えませんが、嬉しいことにカナダで仲良くしてくれるカナダ人、スロバキア人、バングラディッシュ人、イタリア人、スリランカ人、韓国人などいます。国際交流にはうってつけのカナダ♪その繋がりの多くはルームメイトからの繋がりや職場やホステルに住んでた時の友達など様々ですが、こんなやり方もあるよっていうのを紹介します。

Meetupを活用する

オフ会・勉強会などのイベントが集まるSNSです。日本でいうところのアテンドですかね。以前トロントで行われたパーティーに参加しました。目的はそのイベントによって様々ですが、こういったWebサービスを活用することでリアルでのコミュニケーションや人脈が生まれます。愛が生まれるかはわかりません。

Meetup
http://www.meetup.com/

大学のイベント・交流会に参加する

こちらトロントの話になりますが、トロント大学では言語交換(Language Exchange)や文化交流を目的としたミーティング?サークル?イベントなどが開かれているようです。今度ボクも参加する予定。バンクーバーの大学でもそういったイベントがあるんじゃないでしょうか。

その他

・友達の紹介で繋がり合う
・ナンパする
・クラブに行く
・パーティーに参加する
・陶芸教室やヨガ教室いく
・ナンパする
・LinkedInのミーティング等に参加する
・公共の図書館などでやっている英会話教室に参加する
・衝突する→本を道端に撒き散らす→手と手が触れ合う→胸騒ぎがする
・ナンパs

勇者はバーでバーボン片手にナンパすればいいんじゃないでしょうか。


最後に

ザーッとまとめましたが、どうでしょか?わりと一般的なまとめになりました。僕はトロントでのやり方しかわかりませんので、トロント贔屓になってしまいましたがバンクーバーや別の地域もそう大きくは変わらないと思います。また、バンクーバーはこうだよーとか別の情報があればぜひ教えて下さい^^

その他にも書きたいことはいっぱいありますが長くなってしまったので、日本との文化の違いやカナダで気付いたこと・感じたことなど個人的主観は次回にまわしますね。また何かわからないことがあればyuuy0424CONTACTより連絡下さい。知ってる範囲でお答えしますよ。ではでは!

この記事を友だちに共有する

ゆっくり茶でも飲みながら関連記事をどうぞ

いいねして、Facebookで最新情報をチェックしよう

このブログの最新記事情報はもちろん、Web・海外・旅行・留学・英語・デザインなど様々な情報を配信しています。応援よろしくお願いします。